ツアーでも満喫できた山陰地方の旅

長野県から山陰地方への旅は片道12時間ほどの時間を要するため「遠いいからやめておこう」と敬遠しがちですが、
ツアーで行けるのならバスに乗っていれば到着でき帰路の心配もいらないと出かけてみることにしました。

1日目は宮津により天橋立の見学をし有名な股覗きを体験しました。海の色や松林は本当に竜が天に昇りそうで素晴らしかったです。
その後舞鶴記念館を訪れ戦争の悲惨さを実感しました。宮津のロイヤルホテルに宿泊しおいしい海の幸に舌鼓しました。

2日目は足立美術館により、窓に収まる計算しつくされた景色や魯山人や横山大観の作品を真近いで見ることができ感動しました。
また、出雲瑪瑙の里では太古からの勾玉の不思議に触れだんだんと近くなる出雲大社に思いを馳せました。玉造温泉に宿泊しお湯さえも神聖な気分に浸ります。

3日目はいよいよ出雲大社でした。参拝ができるととてもご縁がいただけいくつもの良いことが訪れるような神々しい気分になりました。
その後きたろーロードを散策しました。あちこちに立つきたろーや猫娘、砂かけばばーなどについつい頬が緩みました。
このツアーは遠距離でしたが、楽しくて神様とのご縁を改めた得られた思い出深い旅となりました。